スカイ・エス・エイッチ

menu

ORCAレセコンをご利用中のお客様

TOP > ORCA よくある質問・回答集 > 技術

よくある質問・回答集 ORCAレセコン

「新しいバージョンのUbuntuが利用可能です...」と表示されます

Q:
以下が表示されます。どうすればいいですか。
ok0
A:
「アップグレードしない」をクリック
ok
「OK」をクリック
kyohi

自動マウントされたCD。apacheプロセスからはマウントされていない。

Q:
Ubuntu18.04
自動mountされたCD。apacheからはmountされていない。自動mountされた状態をapacheからumountできない。
その結果apacheからejectできない。
A:
/lib/systemd/system/apache2.service
PrivateTmp=true
 ↓
PrivateTmp=false

Ver5.1ユーザー管理マスタになる修正

Q:
どのようなマスタの修正を行うと、Ver5.1のユーザー管理マスタになりますか。
A:
試してみました。
●点数マスタ
単位の付加 ⇒ 【ユーザー管理】になった
 710010093 万年筆型注入器用注射針(標準型 

酸素等の価格付加(問題なし Ver5.1での点数マスタ画面
 739230000 酸素ボンベ・小型

検査の上限回数追加(問題なし)
 160037510 PSA

内服算定(問題なし)
 667190004 塩化ナトリウム 内服として算定可

総量編集(問題なし)
 620491401 ラキソベロン内用液0.75% 「1 内服滴剤」

換算値入力(問題なし)
 615101406 ツムラ葛根湯エキス顆粒(医療用)

労災のコード付加(問題なし)
 058000001 デュオアクティブ ET[10cmx10cm(算定面積100cm2)] 710010301

投与量(問題なし)
 610443045 パキシル錠10mg

●保険者
記号を入力する ⇒ 【ユーザー管理】になった
 270033 岸和田市

オンライン請求インストール時にCODE:83

Q:
Linux環境のオンライン請求インストール「その他環境」の時点で下記が表示されインストールが止まる。
code83
A:
FireFoxが開いている場合、閉じてから再度インストールしてください。

独自プラグインのファイルがダウンロードできない

インターネットサーバによってはpackageフォルダに以下の.htaccessファイルがいるようです。
----------------
AddType application/x-gzip .jpp
----------------

ubuntu18.04インストールチップ集

●ifconfigが使えなくなった。
→ 「ip a」をお使い下さい。

●ネットワークアダプター名をeno1などからubuntu14.04以前のeht0などに戻す。
sudo vi /etc/default/grub
———
GRUB_CMDLINE_LINUX=”ipv6.disable=1″ #←IPv6無効設定済み

GRUB_CMDLINE_LINUX=”ipv6.disable=1 net.ifnames=0 biosdevname=0″
———
sudo grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

●ログイン画面でnumlock
sudo -i
xhost +SI:localuser:gdm
su gdm -s /bin/bash
gsettings set org.gnome.settings-daemon.peripherals.keyboard numlock-state ‘on’

●ログイン後、numlock
sudo apt-get install numlockx
「自動起動するアプリケーションの設定」
numlockx on

●テンキーをnumlockなしでも数字入力。capslockを無効
vi ~/.xmodmap
ーーーーーーーーーーーーー
keycode 106 = slash
keycode 63 = asterisk
keycode 82 = minus
keycode 79 = 7
keycode 80 = 8
keycode 81 = 9
keycode 86 = plus
keycode 83 = 4
keycode 84 = 5
keycode 85 = 6
keycode 87 = 1
keycode 88 = 2
keycode 89 = 3
keycode 104 = Return
keycode 90 = 0
keycode 91 = period
keycode 66 = NoSymbol
ーーーーーーーーーーーーー
vi ~/.profile
以下を追加
sleep 15 && xmodmap ~/.xmodmap 2>/dev/null &

●画面共有がつながらない
ネットワークマネージャからのネットワーク設定でないと画面共有ができなくなっています。
vi ~/.profile
以下を追加
gsettings set org.gnome.Vino require-encryption false

●従来のデスクトップマネージャ
sudo apt-get install aptitude
sudo aptitude install gnome-session-flashback
gnome-session-flashbackをインストールしない提案に対して「n」で回答してください。
以下のパッケージをダウングレードする:
1) libmetacity1 [1:3.28.0-1ubuntu0.1 (now) -> 1:3.28.0-1 (bionic)]
2) metacity-common [1:3.28.0-1ubuntu0.1 (now) -> 1:3.28.0-1 (bionic)]
y
再起動
歯車アイコンからGNOME Flashback(Metacity)を選択してからログイン
インプットメソッドを一度日本語に切り替え、その後mozc-jpに切り替えるとかな漢字変換が正常になる。

gnome-session-flashbackでの不具合確認R2.1.21
複数のglclient2を開き、少し使っていると不安定になる。
・マウスクリックでglclinet2が切り替わりにくい。
・内部エラーが表示される。
・glclinet2が落ちる。

R3.1.4時点でgnome-session-flashbackは問題ないようです。Kernelを5系にしています。

devilspieを使うことにより1024X768解像度でも日レセウインドウは表示可能です。

●1024X768解像度の時、日レセ入力画面がパネルの上にくるようにする。
gnome-session-flashbackなどが必要です。
sudo apt-get install devilspie
mkdir ~/.devilspie
vi ~/.devilspie/gnome-panel.ds
ーーーーーーーーーーーーー
(if
(and
(is (window_class) “Gnome-panel”)
(not (is (application_name) “gnome-panel”)))
(below)
)
ーーーーーーーーーーーーー
「自動起動するアプリケーションの設定」
devilspie

●Ctrl + Alt + Backspaceを有効にする
sudo dpkg-reconfigure keyboard-configuration

●背景画の変更
右クリック 背景の変更

●ログイン画面背景変更
背景画ファイルを/usr/share/backgrounds/においてください。
例:
/usr/share/backgrounds/background.png

sudo vi /etc/alternatives/gdm3.css
この部分を変更
#lockDialogGroup {
background: #2c001e url(file:///usr/share/backgrounds/background.png);
background-repeat: no-repeat;
background-size: cover;
background-position: center; }

●デスクトップ、音楽などの日本語フォルダー名を英語表記にする
env LANGUAGE=C LC_MESSAGES=C xdg-user-dirs-gtk-update

●サスペンドを無効化する
設定、電源
サスペンド, 電源ボタンセクションの自動サスペンドをクリックします。
バッテリー動作時や電源接続時のスイッチをオフにします。

●設定 デバイス リムーバブルメディア
CDオーディオのみ「フォルダを開く」
他は「なにもしない」

●独自のショートカット
設定 - デバイス - キーボード -
独自のショートカット
例:
画面印刷 Ctrl+Alt+P
/home/hasegawa/scripts/screenshot.sh
$HOMEは使えなかった

●ログインユーザ名を一部表示したくない
表示したくないユーザ
/var/lib/AccountsService/users/ユーザ名
[User]
SystemAccount=true #← falseをtrueに変更

●Brotherプリンタドライバは32ビットライブラリーが無いとインストールできない。
sudo apt-get install lib32gcc1 lib32stdc++6 libc6-i386
sudo mkdir /var/spool/lpd
sudo mkdir -p /usr/lib/cups/filter
sudo dpkg -i –force-all 該当機種のlprドライバ
sudo dpkg -i –force-all 該当機種のcupswrapper

●ログイン画面の背景画が異常に大きい。マウスを動かすと左側に表示されなり領域がある。
 ログインユーザ名が表示されておらず、パスワードも入力出来ない。
gdm3が起動する前にLVDS-1を無効化する。
sudo vi /etc/default/grub
GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT=”quiet splash”
  ↓
GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT=”video=LVDS-1:d video=VGA-1:e quiet splash”
sudo update-grub
sudo reboot

●anacronは削除した方が良い R2.1.21
sudo apt-get remove anacron
電源立ち上げ5分経過後に日レセが落ちる。
ただしlogが肥大化するので、以下を電源を切るときなどに以下を実行する。
/etc/cron.daily/logrotate

↓以下おすすめしない。メモのみ。
●/etc/network/interfacesでIPアドレスを固定にするとインターネットサイトが見られない。
/etc/resolv.confは、127.0.0.53に固定されてしまっている。

sudo apt install resolvconf
sudo systemctl disable systemd-resolved.service

sudo vi /etc/network/interfaces
auto eth0
iface eth0 inet static
address 192.168.1.**
netmask 255.255.255.0
gateway 192.168.1.1
dns-nameservers 192.168.1.1

sudo vi /etc/hosts
192.168.1.** orca1
192.168.1.** orca2

ibus + gnomeflashbackでプロパティパネルが表示されない

Q:
同じくiBusの設定の、「全般」タブの「プロパティパネルの表示」を「常に表示する」に変更しても、再ログインすると表示されない。ただし日本語入力は正常に行うことができる。 
ibus プロパティパネル=言語パネル
A:
日レセを立ち上げる前にibus-daemonの再起動を行うのはいかがでしょうか。
#!/bin/sh
ibus-daemon -drx
glclient2 -c default

最終来院日がyyyymmdd以前、および一度も来院のない患者のSQL文

最終来院日が20121130以前、および一度も来院のない患者のSQL文
SELECT substring(ptnum from 1 for 6) ,name,lastymd FROM tbl_ptnum a,tbl_ptinf b LEFT OUTER JOIN tbl_srykarrk USING(ptid) WHERE (b.ptid NOT IN (SELECT ptid FROM tbl_srykarrk WHERE lastymd>='20121201')) AND a.ptid=b.ptid ORDER BY ptnum;

claimのテスト送信方法

claimのテスト送信方法
/usr/lib/jma-receipt/scripts/claim/rb/clm_snd.rb
# claim client script
# args 0:[server ip or hostname]
# 1:[port]
# 2:[send file path_name]
# 3:[send file J-code ( u8 | ecu | sjis | jis )]


cd /usr/lib/jma-receipt/scripts/claim/rb/
sudo ./clm_snd.rb localhost 8210 $PATH/claim_rcv_****_****_**_u8.xml u8

無線LANが使えない(Ubuntu16.04)

Q:
無線LANアダプタは認識していますが、使えません。wlan0がありません。

dmesg|grep iwl4965
[    5.705616] iwl4965: Intel(R) Wireless WiFi 4965 driver for Linux, in-tree:
[    5.705622] iwl4965: Copyright(c) 2003-2011 Intel Corporation
[    5.705727] iwl4965 0000:03:00.0: can't disable ASPM; OS doesn't have ASPM control
[    5.705953] iwl4965 0000:03:00.0: Detected Intel(R) Wireless WiFi Link 4965AGN, REV=0x4
[    5.748963] iwl4965 0000:03:00.0: device EEPROM VER=0x36, CALIB=0x5
[    5.783104] iwl4965 0000:03:00.0: Tunable channels: 13 802.11bg, 12 802.11a channels
[    5.827769] iwl4965 0000:03:00.0: loaded firmware version 228.61.2.24
A:
$ sudo lshw -class network
  *-network
       詳細: 無線インターフェース
       製品: PRO/Wireless 4965 AG or AGN [Kedron] Network Connection
       ベンダー: Intel Corporation
       物理ID: 0
       バス情報: pci@0000:03:00.0
       論理名: wlan0
       バージョン: 61
       シリアル: 00:13:e8:2d:d0:2d
       幅: 64 bits
       クロック: 33MHz
       性能: pm msi pciexpress bus_master cap_list __________________ physical wireless
       設定: broadcast=yes driver=iwl4965 driverversion=4.4.0-101-generic firmware=228.61.2.24 ip=192.168.**.** latency=0 link=yes multicast=yes wireless=IEEE 802.11abgn
       リソース: irq:30 メモリー:fc300000-fc301fff

$ sudo vi /etc/pm/config.d/config
SUSPEND_MODULES="iwl4965 wlan0"

$ sudo sh -c "wpa_passphrase SSID KEY >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf"

$sudo vi /etc/network/interfaces
auto wlan0
allow-hotplug wlan0
iface wlan0 inet static
address 192.168.**.**
netmask 255.255.255.0
gateway 192.168.**.1
dns-nameservers 192.168.**.1
wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
test