スカイ・エス・エイッチ

menu

ORCAレセコンをご利用中のお客様

TOP > ORCA よくある質問・回答集 > 技術 > Linux・Ubuntu・Debian

よくある質問・回答集 ORCAレセコン

Ubuntu18.04 swapファイル拡張方法

A:
4GBに
swapoff /swapfile
rm -f /swapfile
dd if=/dev/zero of=/swapfile bs=2M count=2048
chmod 600 /swapfile
mkswap /swapfile
swapon /swapfile

Ubuntu18.04でカーネル5.0

Q:
Ubuntu18.04でカーネル5.0をインストール
A:
Desktop

sudo apt-get install --install-recommends linux-generic-hwe-18.04 xserver-xorg-hwe-18.04

teamviewer Linux版のインストール

A:
Ubuntu18.04
事前に不足パッケージをインストールする。
sudo apt-get install libqt5qml5 libqt5quick5 libqt5webkit5 libqt5x11extras5 qml-module-qtquick2 qml-module-qtquick-layouts qml-module-qtquick-window2 qml-module-qtquick-dialogs qml-module-qtquick-controls

自動マウントされたCD。apacheプロセスからはマウントされていない。

Q:
Ubuntu18.04
自動mountされたCD。apacheからはmountされていない。自動mountされた状態をapacheからumountできない。
その結果apacheからejectできない。
A:
/lib/systemd/system/apache2.service
PrivateTmp=true
 ↓
PrivateTmp=false

ubuntu18.04インストールチップ集

●ifconfigが使えなくなった。
→ 「ip a」をお使い下さい。

●ネットワークアダプター名をeno1などからubuntu14.04以前のeht0などに戻す。
sudo vi /etc/default/grub
———
GRUB_CMDLINE_LINUX=”ipv6.disable=1″ #←IPv6無効設定済み

GRUB_CMDLINE_LINUX=”ipv6.disable=1 net.ifnames=0 biosdevname=0″
———
sudo grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

●ログイン画面でnumlock
sudo -i
xhost +SI:localuser:gdm
su gdm -s /bin/bash
gsettings set org.gnome.settings-daemon.peripherals.keyboard numlock-state ‘on’

●ログイン後、numlock
sudo apt-get install numlockx
「自動起動するアプリケーションの設定」
numlockx on

●テンキーをnumlockなしでも数字入力。capslockを無効
vi ~/.xmodmap
ーーーーーーーーーーーーー
keycode 106 = slash
keycode 63 = asterisk
keycode 82 = minus
keycode 79 = 7
keycode 80 = 8
keycode 81 = 9
keycode 86 = plus
keycode 83 = 4
keycode 84 = 5
keycode 85 = 6
keycode 87 = 1
keycode 88 = 2
keycode 89 = 3
keycode 104 = Return
keycode 90 = 0
keycode 91 = period
keycode 66 = NoSymbol
ーーーーーーーーーーーーー
vi ~/.profile
以下を追加
sleep 15 && xmodmap ~/.xmodmap 2>/dev/null &

●画面共有がつながらない
ネットワークマネージャからのネットワーク設定でないと画面共有ができなくなっています。
vi ~/.profile
以下を追加
gsettings set org.gnome.Vino require-encryption false

●従来のデスクトップマネージャ
sudo apt-get install aptitude
sudo aptitude install gnome-session-flashback
gnome-session-flashbackをインストールしない提案に対して「n」で回答してください。
以下のパッケージをダウングレードする:
1) libmetacity1 [1:3.28.0-1ubuntu0.1 (now) -> 1:3.28.0-1 (bionic)]
2) metacity-common [1:3.28.0-1ubuntu0.1 (now) -> 1:3.28.0-1 (bionic)]
y
再起動
歯車アイコンからGNOME Flashback(Metacity)を選択してからログイン
インプットメソッドを一度日本語に切り替え、その後mozc-jpに切り替えるとかな漢字変換が正常になる。

gnome-session-flashbackでの不具合確認R2.1.21
複数のglclient2を開き、少し使っていると不安定になる。
・マウスクリックでglclinet2が切り替わりにくい。
・内部エラーが表示される。
・glclinet2が落ちる。

R3.1.4時点でgnome-session-flashbackは問題ないようです。Kernelを5系にしています。

devilspieを使うことにより1024X768解像度でも日レセウインドウは表示可能です。

●1024X768解像度の時、日レセ入力画面がパネルの上にくるようにする。
gnome-session-flashbackなどが必要です。
sudo apt-get install devilspie
mkdir ~/.devilspie
vi ~/.devilspie/gnome-panel.ds
ーーーーーーーーーーーーー
(if
(and
(is (window_class) “Gnome-panel”)
(not (is (application_name) “gnome-panel”)))
(below)
)
ーーーーーーーーーーーーー
「自動起動するアプリケーションの設定」
devilspie

●Ctrl + Alt + Backspaceを有効にする
sudo dpkg-reconfigure keyboard-configuration

●背景画の変更
右クリック 背景の変更

●ログイン画面背景変更
背景画ファイルを/usr/share/backgrounds/においてください。
例:
/usr/share/backgrounds/background.png

sudo vi /etc/alternatives/gdm3.css
この部分を変更
#lockDialogGroup {
background: #2c001e url(file:///usr/share/backgrounds/background.png);
background-repeat: no-repeat;
background-size: cover;
background-position: center; }

●デスクトップ、音楽などの日本語フォルダー名を英語表記にする
env LANGUAGE=C LC_MESSAGES=C xdg-user-dirs-gtk-update

●サスペンドを無効化する
設定、電源
サスペンド, 電源ボタンセクションの自動サスペンドをクリックします。
バッテリー動作時や電源接続時のスイッチをオフにします。

●設定 デバイス リムーバブルメディア
CDオーディオのみ「フォルダを開く」
他は「なにもしない」

●独自のショートカット
設定 - デバイス - キーボード -
独自のショートカット
例:
画面印刷 Ctrl+Alt+P
/home/hasegawa/scripts/screenshot.sh
$HOMEは使えなかった

●ログインユーザ名を一部表示したくない
表示したくないユーザ
/var/lib/AccountsService/users/ユーザ名
[User]
SystemAccount=true #← falseをtrueに変更

●Brotherプリンタドライバは32ビットライブラリーが無いとインストールできない。
sudo apt-get install lib32gcc1 lib32stdc++6 libc6-i386
sudo mkdir /var/spool/lpd
sudo mkdir -p /usr/lib/cups/filter
sudo dpkg -i –force-all 該当機種のlprドライバ
sudo dpkg -i –force-all 該当機種のcupswrapper

●ログイン画面の背景画が異常に大きい。マウスを動かすと左側に表示されなり領域がある。
 ログインユーザ名が表示されておらず、パスワードも入力出来ない。
gdm3が起動する前にLVDS-1を無効化する。
sudo vi /etc/default/grub
GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT=”quiet splash”
  ↓
GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT=”video=LVDS-1:d video=VGA-1:e quiet splash”
sudo update-grub
sudo reboot

●anacronは削除した方が良い R2.1.21
sudo apt-get remove anacron
電源立ち上げ5分経過後に日レセが落ちる。
ただしlogが肥大化するので、以下を電源を切るときなどに以下を実行する。
/etc/cron.daily/logrotate

↓以下おすすめしない。メモのみ。
●/etc/network/interfacesでIPアドレスを固定にするとインターネットサイトが見られない。
/etc/resolv.confは、127.0.0.53に固定されてしまっている。

sudo apt install resolvconf
sudo systemctl disable systemd-resolved.service

sudo vi /etc/network/interfaces
auto eth0
iface eth0 inet static
address 192.168.1.**
netmask 255.255.255.0
gateway 192.168.1.1
dns-nameservers 192.168.1.1

sudo vi /etc/hosts
192.168.1.** orca1
192.168.1.** orca2

ibus + gnomeflashbackでプロパティパネルが表示されない

Q:
同じくiBusの設定の、「全般」タブの「プロパティパネルの表示」を「常に表示する」に変更しても、再ログインすると表示されない。ただし日本語入力は正常に行うことができる。 
ibus プロパティパネル=言語パネル
A:
日レセを立ち上げる前にibus-daemonの再起動を行うのはいかがでしょうか。
#!/bin/sh
ibus-daemon -drx
glclient2 -c default

IOが遅いHDDにPostgreSQLのrestoreを行うと異常に遅い

Q:
IOが遅いHDDにPostgreSQLのrestoreを行うと異常に遅い。1GBあたり10時間以上かかっている。
A:
restoreの時だけ、postgresql.confの「#fsync = on」を「fsync = off」にしてください。
restoreが終われば元に戻してください。

沖データLinuxドライバのコマンドラインからのインストール方法

ダウンロード
sudo apt-get install unzip
unzip ORCA_PCL_Linux_010300_101687.zip
cd 20161227_ORCA_DRV
tar zxvf Oki\ PCL\ Driver-1.3.0.0-Linux-x86_64.tar.gz
cd Oki\ PCL\ Driver-1.3.0.0-Linux-x86_64/contents/
sudo bash -c "./Oki\ PCL\ Driver-1.3.0.0-Linux-x86_64-Install"

ログイン画面に特定ユーザを表示しない

ログイン画面に特定ユーザを表示しない
例:
/etc/lightdm/lightdm.conf
[SeatDefaults]
allow-guest=false
greeter-hide-users=false

/var/lib/AccountsService/users/ユーザ名
[User]
SystemAccount=true #← falseをtrueに変更

Num Lockを立ち上げ時に有効にする

Ubuntu14.04、Ubuntu16.04で確認しています。

sudo apt-get install numlockx
sudo sh -c 'printf "[SeatDefaults]\ngreeter-setup-script=/usr/bin/numlockx on\n" \
 > /usr/share/lightdm/lightdm.conf.d/50-numlock-on.conf'

テンキーの無いノートパソコンで、これを設定してはいけません。

test