スカイ・エス・エイッチ

menu

ORCAレセコンをご利用中のお客様

TOP > ORCA よくある質問・回答集 > 技術 > Linux・Ubuntu・Debian

よくある質問・回答集 ORCAレセコン

M.2規格のSSDを使うことはできますか。

Q:
M.2規格のSSDを使うことはできますか。

A:
マザーボードがUEFI対応で有り、M.2規格のSSDを認識し、nvmeのドライバーが用意されているkernel3.3以上(例:Ubuntu14.04-5 kernel4.4)であれば使えるようです。

M.2規格SSD:
 PLEXTOR PX-256M8PeG-08

カタログ規格:
 読込速度:2000 MB/s、書込速度:900 MB/s
アダプタ:
 玄人志向 M.2-PCIe (M2スロット増設 PCIe×4)使用
パソコン:
 エプソンダイレクト MR4600E
 Core i7 3.4GHz、インテル H170 チップセット
 BIOSレベルで、M.2規格SSDを認識する。

インストーラ:
 Ubuntu14.04-5 kernelはすでに4.4になっていますね。 

インストール時にもM.2規格SSDを認識する。

再起動時にはBIOSのBoot Deviceを「UEFI Hard Disk:ubuntu」に変更する必要がある。

読み込みテスト
root@orca1:~# hdparm -t /dev/nvme0n1p2
/dev/nvme0n1p2:
Timing buffered disk reads: 4220 MB in 3.00 seconds = 1406.38 MB/sec

速い。カタログ規格までいかないが、1400MB/sec。

書込テスト
root@orca1:~# time dd if=/dev/zero of=/home/hasegawa/hdparm_write.tmp ibs=1M obs=1M count=1024
1024+0 レコード入力
1024+0 レコード出力
1073741824 バイト (1.1 GB) コピーされました、 1.32217 秒、 812 MB/秒
速い。これはほぼカタログ通りの800MB/sec。

ベンチマーク結果
SATAのSSDよりデータチェックは速くなる。
orca_benchmark

Ubuntu14.04-5 kernel4.4.0へのバージョンアップ方法

A:

sudo apt-get install --install-recommends linux-generic-lts-xenial \
xserver-xorg-core-lts-xenial xserver-xorg-lts-xenial xserver-xorg-video-all-lts-xenial \
xserver-xorg-input-all-lts-xenial libwayland-egl1-mesa-lts-xenial

デスクトップ共有時のリモート側からの全角入力切替

Q:
デスクトップ共有時のリモート側からの全角入力にはどのように切り替えますでしょうか。[半角/全角]キーでは切り替わりません。
A:
fcitx + MOZCの場合は、Ctrl + SPACEで切り替わります。

Canon Sateraなどのスモールオフィス向け複合機のLinuxドライバが見当たりません

Q:
Canon Sateraなどのスモールオフィス向け複合機のLinuxドライバが見当たりません
A:
Canonヨーロッパのサイトにあります。型式名は日本と同じで有りわかりやすいです。
http://www.canon-europe.com/support/consumer_products/product_ranges/printers/i_sensys/
ubuntu14.04 64bitなどで使いたい場合、以下パッケージのインストールが必要です。
sudo apt-get install libglade2-0 libstdc++6:i386 libxml2:i386 libjpeg62:i386 libbeecrypt7:i386 libbeecrypt-dev:i386

ユーザごとにSSH接続できるIPアドレスを制限する方法

A:
sudo vi /etc/pam.d/sshd
account required pam_access.so

sudo vi /etc/ssh/sshd_config
UsePAM yes

sudo vi /etc/security/access.conf
一例
---------------------
+ : hasegawa : 192.168.1.
+ : orca : 192.168.1.2
- : ALL : ALL
---------------------

hasegawaユーザには192.168.1.0/24のどのコンピュータからでもSSH接続できるが、orcaユーザには192.168.1.2からしかできない。

Ubuntu14.04になってからデスクトップの共有ができません

Q:
Ubuntu14.04になってからデスクトップの共有ができません
A:
デスクトップの共有を行いたいユーザの画面で以下を実行。
gsettings set org.gnome.Vino require-encryption false
再起動を行うと設定が消えるので「.profile」などに書くと良い。

古いカーネルを消す方法


古いカーネルを消す方法

A
sudo apt-get remove --purge linux-image-3.2.0-29-generic \
linux-image-3.2.0-34-generic \
linux-image-3.2.0-60-generic \
linux-image-3.2.0-61-generic \
linux-image-3.2.0-64-generic \
linux-image-3.2.0-65-generic \
linux-image-3.2.0-67-generic \
linux-image-3.2.0-68-generic \
linux-image-3.2.0-70-generic \
linux-image-3.2.0-72-generic \
linux-image-3.2.0-74-generic \
linux-image-3.2.0-75-generic
sudo apt-get remove --purge linux-image-3.11.0-23-generic \
linux-image-3.13.0-32-generic \
linux-image-3.13.0-33-generic \
linux-image-3.13.0-34-generic \
linux-image-3.13.0-35-generic \
linux-image-3.13.0-37-generic \
linux-image-3.13.0-39-generic \
linux-image-3.13.0-40-generic \
linux-image-3.13.0-43-generic
sudo apt-get autoremove

サスペンドを無効化する方法

Q:
サスペンドを無効化する方法 ubuntu12.04
A:
/etc/polkit-1/localauthority/50-local.d/com.ubuntu.disable-suspend.pkla
[Disable suspend (upower)]
Identity=unix-user:*
Action=org.freedesktop.upower.suspend
ResultActive=no
ResultInactive=no
ResultAny=no
[Disable suspend (logind)]
Identity=unix-user:*
Action=org.freedesktop.login1.suspend
ResultActive=no
ResultInactive=no
ResultAny=no
[Disable suspend when others are logged in (logind)]
Identity=unix-user:*
Action=org.freedesktop.login1.suspend-multiple-sessions
ResultActive=no
ResultInactive=no
ResultAny=no

ubuntu12.04新しいユーザがGUIログインできない

Q:
ubuntu12.04新しいユーザがGUIログインできない
A:
当社はgnome classicだけにしているので、右上のアイコンを足跡アイコンに
変更してから、ログインする。

ubuntu12.04自動ログイン方法

Q:
ubuntu12.04の自動ログイン方法は
A:
システムツール システム設定 ユーザーアカウント 右上ロック解除
対象ユーザーをクリックし、自動ログインをクリックしてオンにしてくだい。

test